耳鼻咽喉科・眼科 吉田医院 舌下免疫療法

アレルゲン免疫療法

アレルゲン免疫療法とは

アレルゲン免疫療法は、アレルギーの原因であるアレルゲンを少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。

 

アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状を抑えることも期待されます。

 

ただし、治療長期間(3〜5年)、続けていただく必要があります。

 

また、アレルゲンを投与することから、局所や全身のアレルギー反応がおこるおそれがあります。

スギ花粉症の舌下免疫療法

スギ花粉症は、スギ花粉がアレルゲンとなっておこるアレルギー疾患です。

 

これまでのスギ花粉症に対するアレルゲン免疫療法は皮下に注射する「皮下免疫療法」だけでした。

 

しかし、現在、舌の下に治療薬(シダトレン)を滴下する「舌下免疫療法」が新たに保険適応されました。

 

シダトレンとは?

 

シダトレンは、スギ花粉原料としたエキスで、少量から服用することによって体を慣らし、スギ花粉によるアレルギー症状を和らげます。

 

くしゃみ・鼻水・鼻ずまりの改善涙目・目のかゆみの緩和アレルギー治療薬の減量などの効果が期待できます。

 

⇒スギ花粉症舌下免疫療法「シダトレン」の詳細

治療にあたり、ご注意いただきたいこと

●シダトレンによる治療は、スギ花粉症の治療法であるため、その他のアレルギーには効果が期待できません。

 

●薬の服用は、スギ花粉が飛散していない時期も含め、長期間(3〜5年)、毎日継続しなければなりません。

 

●すべての患者さんに効果を示すわけではありません。

 

●アナフィラキシーなどの副作用がおこるおそれもあります。

 

本治療は、登録された専門の医師のもとで行われますが、副作用など治療に対する患者様の正しいご理解も必要です。

 

詳しくはお問い合せください。

アレルゲン免疫療法記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ
診療のご予約 診療時間・アクセス 医師紹介 医院設備