耳鼻咽喉科・眼科 吉田医院 診療案内

診療内容

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科の診療は、耳・鼻・のどを直接見ることからはじまります。

 

肉眼で見るだけでなく、内視鏡で耳・鼻・のどを診察することにより格段に診断の精度があがりますので、鼓膜写真をとったり、鼻腔・喉頭ファイバーを利用したりしています。

 

また、耳鼻科では鼻汁を吸うことができ、ネブライザーによる吸入治療も可能なので、それにより症状が楽になることも多いです。

 

そのほか、鼻アレルギーと風邪の判断が難しい場合には、鼻汁中好酸球をすぐ染色して顕微鏡で観察することにより、適切な診断と処方が可能となります。

 

・かぜ症状 ・中耳炎 ・副鼻腔炎(ちくのう) ・アレルギー性鼻炎、花粉症 ・鼻血 ・耳鳴り ・めまい ・難聴 ・のどの違和感、異物感 など

 

耳・鼻・のどに何か困ったことがあれば、いつでも遠慮なくご相談ください。

眼科

眼のことで少しでも気になられた方は、お早めにいらしてください。

 

眼の病気はたくさんの種類があり、気づかないうちに進行していることもあります。

 

例えば、緑内障は最初のうちは自覚症状がありません。気づいた時には既に病気が進行していることが多く、一度障害された視神経は元に戻りません。
40歳以上で発症率が多くなるため、眼の健康管理を意識し、定期的に検査を受けられることをお勧めします。

 

また、老眼は新聞など読みづらくなり不便なものですが、時々「この頃老眼鏡がなくても見えるようになりました」と言われる方がいます。
こんな時は、白内障のおそれがあります。白内障によって眼のレンズが硬くなり、見かけ上の近視のため、近くが見やすくなっている場合があります。

 

このようにある年齢になってから見え方に変化があった時には、眼の病気が隠れていることもありますので、眼科へご相談ください。

 

また、コンタクト診療やメガネの処方も行っております。

 

目に違和感、不具合を感じられましたらお気軽にご来院ください。

診療内容記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ
診療のご予約 診療時間・アクセス 医師紹介 医院設備